Uru-fla美hada(ウルフラビハダ)は妊娠中・授乳中の敏感になった肌でも使える?

妊娠・出産時期における肌トラブルはとても多く、肌質が変わってしまった、これまでの化粧水やケア用品がまったく合わなくなってしまったということはよくあります。

そんな敏感な妊娠中・授乳中の女性の肌に大切なことは保湿と異物を極力摂取しないことです。

では、妊娠中・授乳中の肌にも起こりがりなカサカサ、ゴワゴワ肌に効果があると話題のUru-fla美hadaは妊娠中・授乳中でも使えるのでしょうか。

答えはイエスです。
潤い続ける化粧水uru-fla美hada

しかも、その効果も妊娠中・授乳中にはぴったりなのでその理由とともにぜひ最後までお読みください。

Uru-fla美hadaは、カサカサと乾燥しているのに顔の皮脂に悩まされテカテカしてしまったり、乾燥がひどくごわついた肌を改善してくれる化粧水です。

乾燥と皮脂の分泌は一見関係ないように思われるかもしれませんが、お肌が乾燥することで肌本来のバリア機能として皮脂を過剰に分泌してしまっていることや、水分のバランスが悪いために皮脂が多く出てしまっていることがあります。

したがって、大切なのはお肌へ潤いを与えて浸透させ、蒸発しないようとどめておくことが何よりです。

水分量の不足しているお肌は、お肌にツヤ・ハリがないばかりか、くすみやたるみの目立つようになって見えてしまいます。

Uru-fla美hadaは、「うるおい貯蔵化粧水」として、水分をお肌に届け、長く蓄えてくれる働きがあります。

その秘密は、抗酸化作用があるポリフェノールの一種であるフラボノイドウォーターにあり、水よりも肌に近い成分のため、肌への浸透がよく、お肌の表皮の下にある潤いを保つ層である角質層にまで潤いを届けてくれます。

さらに、ヒアルロン酸やセンブリエキス、カミツレエキスなど潤い成分が28種類も含まれているのです。

そのなかには、アロマでも有名なゼラニウムやオレンジ、グレープフルーツといったリラックス効果の高い成分も配合されているので、妊娠中・授乳中のホルモンバランス変化によるこころの疲れにも効果が期待できます。

そして、何より重要な安全性。

Uru-fla美hadaには、鉱物油、合成香料、界面活性剤、着色料といった余計な成分をいっさい含んでいません。

なので、妊娠中・授乳中の変わりやすい敏感なお肌でも安心して使うことができます。

妊娠、出産時期はエストロゲンやプロゲステロンなどのホルモンが急激に上昇して皮脂が分泌され脂っぽくなってしまったり、出産後は一気に減少することで乾燥したり、シミやソバカスが出始めてしまったりと多くのトラブルが起こりがちです。

妊娠中・授乳中に大切なことは、栄養バランスとストレスをためないこと、そして肌への刺激を少なくすることです。
uru-fla美hada(ウルフラビハダ)の口コミと潤い効果は本当?

Uru-fla美hadaの優しい成分で潤いに満たされ、リラックスしてお肌の悩みを解決してみてはいかがでしょうか。

公式サイト↓
【uru-fla美hada

us