スウィープホワイト(SweepWhite)は妊娠中・授乳中の敏感になった肌でも使える?

妊娠中や授乳中などの特別な時期は、黒ずみが悪化しやすいと言われていることをあなたはご存知でしょうか。

私自身も妊娠中に黒ずみが悪化してしまった経験があり、どうして妊娠中に黒ずみやすくなるのか理由についてはよくわかっていませんでした。

そのため、改めて妊娠中や授乳中の黒ずみについて調べてみたところ、妊娠5ヶ月目から出産後半年は女性ホルモンバランスで黒ずみが濃くなる傾向があるそうです。

確かに妊娠中や出産後の授乳中は月経もなく、いつもと女性ホルモンのバランスが大きく異なってきますよね。

それに伴い色素沈着をひき起こしやすくなるのは、とても納得です。

しかも一度黒ずみが発生してしまうと改善するまでには長い時間がかかるため、できれば黒ずみを悪化させることがない妊娠中や出産後の授乳中を送りたいものですよね。

では、体全身の黒ずみに対して優れた効果を発揮する美白美容液スウィープホワイトは、妊娠中や授乳中でも安心して取り入れることができるのでしょうか?

スウィープホワイトはその成分に添加物等が一切配合されていない無添加処方となっていました。

つまり妊娠中や授乳中の時期であっても問題なく利用することができるそうです。

スウィープホワイトに配合されている成分を見てみると、

アルピニアホワイト→色素沈着の改善
ビサボロール→肌に負担の少ないハイドロキノン同等の効果
グリチルリチン酸ジカリウム→肌の炎症を抑える
トラネキサム酸→メラノサイト活性化因子をブロック
ヒアルロン酸na →肌表面の保湿
アセチルヒアルロン酸na →肌内部の角層の保湿
加水分解ヒアルロン酸na →角質層の保湿
カモミラエキス→肌再生力のサポート
ホワイテーヌ→メラニン合成を抑制

このようになっていて、基本的には敏感肌の方でも問題なく使うことができる成分のみを使用しています。

美白化粧品の中には美白効果をより実感しやすくするために、あえて肌に負担の大きい成分を配合しているものもあります。

例えばハイドロキノン。

ハイドロキノンはマイケルジャクソンが肌を白くするために漂白剤として使用していたとも言われているほど、美白効果には優れた成分として知られています。

しかし、ハイドロキノンは非常に強力な効果を発揮することから、肌に大きな負担をかけてしまうのです。

敏感肌の方やデリケートな時期には使用することのできない成分としても知られています。

スウィープホワイトには、このような強い成分は一切配合されておらず、さらに美白効果をしっかりと実感することのできるハイドロキノン同等の効果が得られると言われている成分も配合されています。

スウィープホワイト(SweepWhite)の口コミ効果レビュー!脇黒ずみ美白の噂は本当?

妊娠中や授乳中の黒ずみを悪化させたくない。

もしもあなたがこのように考えているのなら、敏感な肌でも安心して使うことができるスウィープホワイトを検討してみてくださいね。

成分に関しましては公式サイトにも詳しく載っていますので、そちらもぜひご覧になってみてくださいね。

公式サイト⇩
SweepWhite
rU