ストレピアは妊娠中・授乳中の敏感になった肌でも使える?

妊娠中や授乳中はホルモンバランスが急激に変化することによって心や体調だけでなく、お肌の変化もよく見られます。

妊娠を機に黄体ホルモンであるプロゲステロンやエストロゲンが上昇し、肌質が乾燥肌だったのに突然にきびができ始めたり、テカリが気になったり、またはとくに肌トラブルがなかったにもかかわらず、敏感肌になったりとさまざまなトラブルにみまわれがちです。

敏感肌になるとお化粧品でも合うものと合わないものが出てきて、化粧品選びには一苦労ですし、なんと敏感肌だと実年齢より10歳も老けて見えてしまうというデータもあるほど、深刻な悩みです。

そこで、敏感肌による老け顔対策に今話題の「ストレピア」をご紹介したいと思います。

ストレピアは、敏感肌の方のための老け顔対策化粧品です。

そもそも敏感肌というのは、正式な病名として医学的に存在するわけではなく、外的刺激や肌機能の低下を指す言葉としてお肌が敏感な状態を言います。

外的刺激には、乾燥やセルフケアによる摩擦、化粧品に含まれる有害物質などが挙げられます。

そのほかにも、敏感肌の方は生活リズムによる睡眠不足や栄養不足、ストレスなどが原因となり、本来排出されるべき老廃物や有害物質が体内に蓄積することで、肌から排出しようとする作用によって炎症やじんましんによるかゆみなどが生じてしまいます。

お肌のバリア機能が低下することによってお肌の潤いが失われ、皮膚がたるんでみえたり、ハリやツヤが失われて見えることによって、実年齢より年をとった印象をもたれてしまうのです。

とくに、妊娠中や授乳中はホルモンバランスの変化だけでなく、育児による睡眠不足、授乳による栄養不足などが日常化してしまい、お肌の状態は悪くなりがちです。

ストレピアは、天然樹液酵母エキス「ミューンS」を配合し、美肌に効果が認められている酵母と、優れた美容効果のある樹液エキスを含んでいます。

日本酒を作る冬至の手が美しかったり、パン職人の手が美しいとされるのは酵母の影響だとされているほど、酵母には美肌への効果があり、ストレピアはそんな酵母のエキスを抽出することで、本来ヒトに備わっているストレスからお肌を守るヒートショックプロテインの働きをサポートしてくれます。

さらに、免疫力をアップしてくれるサトウカエデ樹液に、抗酸化ケア作用のあるフランス海岸松樹皮エキス、抗炎症ケア作用をもつキハダ樹皮エキス、さらには抗糖化作用をもつことでコラーゲンやエラスチンなど潤いを保つ成分の変質化にアプローチする、ネムノキ樹皮エキスを配合しています。

敏感なお肌にも安心して使えるよう、肌トラブルを引き起こす可能性のある、旧表示指定成分、鉱物油、石油系界面活性剤、パラベン、アルコール、石油系油脂、合成香料、合成着色料はいっさい添加されていません。

精製水すら使用せずに、ミネラルを多く含み雑菌の少ない久米島の海洋深層水を使用している徹底ぶりです。

ただでさえ疲れやストレスが溜まり、お肌のケアにまで気を使えない妊娠中・授乳中のお肌。
ストレピアの口コミ!敏感肌と年齢肌を同時にケアは本当?

ストレピアで、お肌のストレスは解消して美しい肌でこころも健康になってみてはいかがでしょうか。

公式サイト↓


us