サンマットレンタルは、妊娠中や授乳中も使って良い?

体を内側から温めてくれる遠赤外線効果が大きな注目を集めているサンマット。

この商品は医療機器として認可された家庭用の遠赤外線温熱治療器となっています。

日ごろから冷え性で悩まされている方や、関節痛、肩こりなどに悩まされている方から大きな支持を集めているのが特徴的です。

サンマットを電気カーペット等と同じように思っている方もいますが、サンマットと電気カーペットでは仕組みが大きく異なります。

電気カーペットのような暖房器具の多くは、電熱線に電気で熱を発生させ、体の表面を温めていきます。

そのため、すぐに体が温まるような感覚を得ることができますが、その場から離れてしまうとすぐに冷えてしまいますよね。

しかし、サンマットは遠赤外線と言う目に見えない光の波長が、体の中の波長と共振し、体内の深部を温めていきます。

長時間使用しても低温火傷などの危険性もなく、身体表面を直接暖める暖房器具とは違い、体内深部を温めることにより毛細血管を拡張しながら血行を促進していきます。

血行が促進されると、冷え性の改善だけではなく、体の痛みが緩和されたり、胃腸の働きが活発になるなど、医療効果が認められています。

サンマットを継続して使うことにより徐々に体温が上がってきますが、これは体内細胞から出る波長と共振することで、体の中の細胞を動かして、体内で熱を作り出してくれるからです。

また、長時間使っていても、火傷などの心配がないため、サンマットはベッドや布団の下に敷いて寝ることができます。

さらに、部分的に温めてくれる腰に巻きつけて使用するタイプの商品もあるため、重点的にお腹を温めたい女性には、こちらの腰巻タイプも人気です。

では、妊娠中や授乳中の女性がサンマットを利用することができるのでしょうか。

妊娠中の女性に関しては、かかりつけの医師に相談してから使うようにしてください。

基本的には、お腹の中の胎児に影響を及ぼすことはありません。

ただし、とてもデリケートな時期となってくるため、自己判断で使ってしまうのは避けた方が良いでしょう。

続いて授乳中の女性に関しては、問題なく使用することが可能です。

女性は出産後、かなり体が衰弱しています。

特に授乳中は赤ちゃんに自分の栄養素を分け与えていることもあり、免疫力が低下して風邪などの感染症にもかかりやすい時期です。

赤ちゃんにとってもお母さんが元気でいることが何よりも重要となってくるので、日々の健康のサポートにサンマットはオススメです。

ただし、自分で身動きすることができない小さな赤ちゃんに関しては、サンマットを使用するのは避けた方が良いため、添い寝している場合にはマットタイプの商品ではなく、腰巻タイプをお母さんがつけることをお勧めします。

サンマットレンタルの口コミ評価!血流改善で妊活に役立つ家庭用遠赤外線温熱治療器の噂は本当?

us