ラサーナヘアカラートリートメントは、妊娠中や授乳中の白髪に使っても大丈夫?

ヘアカラーをされている方は、多くいると思います。

しかし、生理中や妊娠中、授乳中はヘアカラーを控えるべきと言われていますが、あなたはどうされていますか?

私は、はっきりした理由がわからない場合、このような言われがあると、何かしらの理由があるから、そう言われているのだろうと思い守ろうと思いますが、例えば生理中のヘアカラーは控えるべきということだけでしたら、1週間前後ですので我慢できますが妊娠中や授乳中もヘアカラーを控えなくてはならないとなると、2年くらい我慢しないとならないことになりますよね。

それは無理だと思い、生理中や妊娠中、授乳中のヘアカラーを控えなくてはならない理由について調べてみました。

すると、どうもヘアカラーを行うことでの害があるということは実証されていないようです。

このように言われている理由は、生理中や妊娠中、授乳中は、ホルモンバランスが普段と変化しているので、皮膚が敏感になっているので控えた方が良いということのようです。

確かに、生理中や妊娠中、授乳中ではなく、体調が万全な時でもヘアカラーの臭いで気分が悪くなることがありますし、頭皮がヒリヒリしみることもありますよね。

ということは、反対に考えると、刺激が少ない毛髪にも頭皮にも優しいヘアカラーでしたら問題なく使えるということではないでしょうか。

調べてみると、ラサーナヘアカラートリートメントでしたら、問題なく使用できることがわかりました。

口コミを見ましても、妊婦さんやママさんが問題なく使用している方が多くいました。
ラサーナヘアカラー トリートメントの口コミと効果

ラサーナヘアカラートリートメントのような、頭皮に優しい脱色成分を使用していないヘアカラーは、生理中や妊娠中、授乳中でも問題なく使用できるということですね。

妊娠中でも授乳中でも、キレイでいたいですよね。

悩み過ぎるとストレスになり、髪にもお肌にも体にもよくありません。

思い切って調べてみてよかったと思いましたよ。

そうは言うものの、ラサーナヘアカラートリートメントは、100%天然原料で作られてはいませんので、生理中や妊娠中、また授乳中に関係なく、肌に合わないと感じた時は、使用を中止してください。

いつものトリートメントを替えるだけで、美髪ケアをしながら、生え際まで簡単にしっかり染まります。

密着しやすいクリームタイプです。

白髪・カラーによる傷み・敏感な頭皮・パサつきでお悩みの方に、ラサーナのヘアカラートリートメントをオススメします。

公式サイト↓
ラサーナ

us