ライスビギン トリートメントソープは妊娠中・授乳中の敏感になった肌でも使える?

洗うたびに顔がしっとりすると言われているライスビギントリートメントソープ。

私たちは年齢を重ねていくたびに肌に必要な潤いが低下していきます。
さらに肌再生であるターンオーバー周期が長くなることからも、エイジングサインや肌トラブルを起こしやすくなります。

そんな潤いが低下し肌トラブルを引き起こしやすくなった年齢肌に対して、うるおい効果で小じわを目立たなくする洗顔としてトリートメントソープは高い注目を集めています。

初回生産数3000個が1ヵ月で完売したトリートメントソープには4つの秘密があります。
では、その4つの秘密に迫ってみましょう。

秘密1 うるおい効果が小じわを目立たなくする

先ほどもお話ししたように、私たちの肌は年齢を重ねるごとにもともと備わっているうるおい成分セラミドが低下することにより、小じわなどのエイジングサインが目立つようになっていきます。

そのため、毎日使う洗顔石鹸だからこそ、余計に潤いを損なわないように気をつけなきゃいけません。

トリートメントソープはうるおい効果がこの評価試験にて検証済みになっている高い評価を得ている洗顔石鹸です。

秘密2 洗い上がり後がしっとり

洗浄剤用潤い成分はライスパワーエキスNo.3を使用しており、汚れを落としながら潤い効果が期待されています。

余分な汚れはしっかりと落としながら肌がもっちりと洗顔後も潤いをキープすることが可能です。

秘密3 きめ細かい泡で汚れをしっかり落とす

私たちは何気ない日常生活で毛穴に汚れが詰まってしまったり古い角質が残ってしまったりします。

トリートメントソープは泡のキメが細かいため、肌に触れた瞬間うっとりするほどふわふわで柔らかな肌触りです。

そして、キメの細かい泡が毛穴の中などにしっかりと入り込み、余分な汚れを洗い流してくれます。

秘密4 ライスパワーはテレビでも紹介されている

報道ステーションやNHK国際放送等の意外に多くの番組でライスパワーは紹介されています。

以前まではライスパワーNo.11エキスばかりが注目を集めていましたが、最近では洗浄成分として使用されるライスパワーNo.3エキスが人気です。

このように、ライスビギントリートメントソープには、多くの人が注目する高い効果を発揮してくれる秘密がたくさんあります。

では、トリートメントソープはどんな肌質の方でも問題なく使うことができるのでしょうか。

例えば女性は妊娠中や授乳中、通常とは異なるとても敏感な肌状態へと変化します。
今まで経験したことがないような肌トラブルに見舞われている女性も多いのではないでしょうか。

トリートメントソープは、妊娠中や授乳中の敏感な肌でも問題なく安心して使うことができます。

その理由は使用成分にこだわり抜いて作られているからです。
ライスビギン トリートメントソープの口コミ評価!なぜ石鹸で潤いアップ効果?

肌に負担がかかる合成香料、合成着色料、パラベン、鉱物油などは一切含まれておらず、保湿成分としてお米から抽出されたエキスライスパワーを配合しています。

妊娠中や授乳中のスキンケアにもライスビギントリートメントソープはおすすめです!

公式サイト↓


us