授乳中や妊娠中のおでこニキビの原因と対策

授乳中や妊娠中はとてもおでこニキビができやすい時期です。

どうしてこの時期にニキビを発生させやすいかあなたはご存知でしょうか。

まず第一に挙げられるのが女性ホルモンです。

女性は、妊娠中や授乳中に女性ホルモンが乱れやすく、肌のターンオーバーが正常に行われない可能性が非常に高いと言われています。

通常は、肌再生であるターンオーバーが周期的に行われ、これにより健やかな皮膚を保つことができています。

ですが、女性ホルモンの乱れから肌再生が通常通り行われなくなると、不要な老廃物や皮脂が毛穴につまりやすくなり、ニキビを引き起こします。

さらに、おでこはTゾーンと言われる皮脂分泌が活発な場所です。

前髪等があたり、肌荒れを起こしやすい場所でもあるので、このような肌再生の乱れにより、高確率でニキビを発生します。

では、妊娠中や授乳中のおでこニキビはどのように改善すれば良いのでしょうか。

まずはスキンケアの見直しを行いましょう。

おでこニキビを改善するためには、ニキビの根本原因にアプローチしてくれる成分が配合されたスキンケアアイテムを活用するのがオススメです。

個人的に私がとても気にいっているのが、女性ホルモンのバランスにアプローチしてくれるダマスクローズを主成分に配合したラミューテです。
ラミューテは、妊娠中や授乳中でも効果?

ラミューテは、洗顔・化粧水・美容液がセットになっている美肌セットが特にオススメなのですが、洗顔には天然洗浄成分であるタルクを使用することで肌に負担をかけずに汚れを落とし、ナノ保湿成分やプラセンタ等によりバリア機能もしっかりとサポートしてくれます。

おでこニキビに悩まされている方は、参考になさってください。
公式サイト↓