妊娠中のワキの黒ずみ対策!敏感になった肌でも安心な美白方法

妊娠されると、ワキの下など他にもお肌のデリケートな部分が黒ずんできて心配になる方がたくさんいらっしゃると思います。

妊娠中も黒ずみに気を取られて不快な気持ちにならないようにしたいですよね?

正しい知識とケア方法で、母体と赤ちゃんに良い感じで向き合える美白方法について解説いたしましょう。

<妊娠中は黒ずみができやすい原因>

妊娠20週くらいになると、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2つの女性ホルモンの分泌が急激に増加していきます。

これらのホルモンはメラニン色素の色素細胞(メラノサイト)を刺激し、肌内部のメラニン色素が増えます。

これにより、色素沈着が起こりやすく、黒ずみやシミとなって現れてきます。特に、ワキの下などのデリケートゾーンは、メラニン色素が多いため、黒ずみやすい部分なのです。

<黒ずんだ肌の美白ケアや妊娠により敏感になった肌の対処法>

妊娠中からケアをしておきたい方は、ビタミンC誘導体などの美白成分を配合した乳液やクリームを使用する方法があります。

美白成分には、刺激の強いハイドロキノン、トレチノイン酸といった成分が含まれている黒ずみ専用のクリームやジェルもあります。

妊娠中の方や、肌が敏感になっている方は使用を避けた方がよいので、注意してケア用品を選んでください。

このように、妊娠中の美白ケアの場合は、使用するケア用品が限られてくるので、出産後のことを考えるためにも、内側からのケアを中心に美白をされることをおすすめいたします。

私がお薦めなのは、プラセンタ(胎盤エキス)を含んだ栄養食品を、栄養バランスの取れた一日3食の食事以外に摂取することです。

主に豚や馬などの胎盤から有効成分を抽出したものがプラセンタエキスで、一般的にプラセンタというとこのプラセンタエキスのことを指します。

プラセンタには生命の成長や発育に必要な栄養素が豊富に含まれており、その栄養素が持つ作用によって、美容や健康によい効果を発揮します。

プラセンタに期待できる効果としては、美肌や美白、疲労回復、育毛効果などがあげられます。

若干、アレルギー反応等の副作用が出る方もいらっしゃるようなので、ドリンクやサプリメントを買われる方は慎重に購入してください。

特に妊娠中は、敏感になっているので注意が必要です。

以上のケア方法を、あなたのお肌に合ったものだけチョイスして、妊娠中の心地よい美白ケア生活にしてみてください。

出産後は、黒ずみやシミの少ない綺麗なお肌で育児に専念できることをお祈りします!!

◆いろいろ注意しても黒ずみが消えないときは、妊娠中でも安心なピューレパールを塗ると効果的です。

保湿しながら優しく強力に黒ずみを美白するので肌荒れもせず、キレイな脇に導いてくれます。

脇の黒ずみだけでなくVIOラインの黒ずみや乳首の黒ずみなど全身の気になる黒ずみも解消!と口コミ評価も高いです。
ピューレパールの効果!脇の黒ずみが消える理由
黒ずみやブツブツに悩んだらピューレパールを使ってみてください。
公式サイト↓
脇訴求

u