妊娠ニキビの原因とケアのポイント

妊娠すると、今までは悩んだことのないようなことが悩みになる場合があります。

妊娠中に突然発生するニキビも、そのひとつです。

ニキビ体質ではないからと安心していたのに、妊娠したらとたんに顔全体がニキビだらけになってしまった、というケースも少なくありません。

思春期ニキビなどを経験してニキビケアについてある程度知っている場合はなんとか対処もできますが、それまでにあまり経験したことのない人が突然ニキビに悩まされるようになると、どうしたらよいのか戸惑ってしまいます。

この妊娠ニキビの原因は、女性ホルモンの増加が関係しています。

妊娠すると、女性は黄体ホルモンが大量に分泌され、それによって妊娠を継続できるように体を整えます。

ところが、この黄体ホルモンは皮脂分泌を活発にし、ニキビを大量に発生させてしまう原因となるホルモンなのです。

心情的には黄体ホルモン減少を願うところですが、妊娠している以上、それはできません。

そうなると、黄体ホルモンではなく皮脂の分泌を抑えるしかありません。

皮脂の分泌を抑えるのに有効な手段と言えば、十分な保湿ケアです。

しっかりと保湿ケアをすることによって肌は潤いを保てますので必要以上に皮脂が分泌されなくなる、というわけです。

もちろん、食生活においては脂っぽいものや糖分の多いもの、刺激物は避けるようにした方がいいですし、質の良い睡眠も大切にしてくださいね。

また、肌を清潔に保つということも大切ですよ。

その上で、しっかりと保湿してあげましょう。

皮膚科に行くのもよいと思いますが、経験から申し上げますと気休めくらいにしかならないということが多いようです。

ニキビに効果的なビタミン剤や抗菌剤を処方されるのですが、これでひどい妊娠ニキビが改善される事はなかなか難しいというのが実情なんですね。

それよりも、保湿ケアに重点をおいたほうがニキビ改善効果を実感できる、というのが個人的な感想です。

潤いをきちんと与えてあげることにより、バリア機能が高まるだけでなく肌の再生力を活性化することにつながりますから、ニキビ改善と潤い美肌を目指すことが出来ます。

そして、保湿してニキビ改善にとても役立つアイテムが「メルライン」です。
メルラインは、妊娠中や授乳中も使える?
メルラインは、大人ニキビに着目して開発されたスキンケア商品で、妊娠ニキビにもしっかりと実力を発揮してくれます。

妊娠ニキビの改善と予防はもちろん、ほかにも生理前のニキビ解消にも役立ちますので、ニキビケアに迷っているなら、ぜひメルラインをお試し下さい。
公式サイト↓
口周り