妊娠中にシミができやすいのはなぜ?解決策は?

妊娠中、女性の身体は様々な変化を起こします。

つわりの酷い人もいる一方、出産ぎりぎりまで勤務できた方、脚がむくんでしまう人、こむら返りに悩まされる人など、変化は多岐にわたります。

安定期と呼ばれる時期に差し掛かり、ゆっくりご自身の顔を覗き込んでみると、頬に左右対称のシミがあることに驚かれた方、結構いらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、妊娠中にシミができやすい原因と、解決策について調べました。

そもそも、シミにはたくさんの種類があり、原因もそれぞれ異なります。

紫外線の影響で表出される色素斑、遺伝的な要素が関わってくると言われる雀卵斑(いわゆるソバカスです)、目の周りに青みがかったあざのように現れる太田母斑などが代表的なものです。

妊娠中に発生するシミは、妊娠性肝斑と呼ばれ、女性ホルモンとの関わりが原因と言われています。

女性ホルモンのバランスは、妊娠中の約10カ月を通して、目まぐるしく変化していきます。

そのため、産後しばらくして(正確には授乳期の終了間際)、女性ホルモンのバランスが整うことによって、自然とシミが消える場合が多いと言われています。

しかし、多くの方が妊娠中のシミが消えたからといって、今現在この記事をご覧になっているあなたのシミも例にもれず消える、とは言えません。

必ず例外があり、また妊娠中にシミ対策を行っていない場合は、その例に漏れてしまうかもしれないのです。

そこで、妊娠中にできるシミ対策をご案内していきます。

まずしっかりとした紫外線対策を行い、季節によってはできうる限り外出を控えましょう。

地球に太陽の光が差す限り、どうしても紫外線の影響は受けてしまいます。

ご自身のお顔に発生したシミが、産後に消える妊娠性肝斑だと目星をつけても、そのまま色素として沈着してしまう可能性は0ではありません。

シミの直接の原因となる紫外線からお肌を守りましょう。

また、意外と知られていない事実ですが、紫外線が一番強いのは5月ごろの、それも曇りの天気の日です。

可視光線である太陽光の暑さと、目で見ることのできない紫外線との間には相関関係はないのです。

室内にこもることは、妊婦の方にとっては気がめいってしまうかもしれないため、バランスが肝心ですが、外に出かける際はつばの広い帽子をかぶる、長袖の服や腕のカバー、サングラスなどを着用するようにしましょう。

また、ビタミンCをしっかりと摂取しましょう。

浴びてしまった紫外線から身体をまもるべく、体内では活性酸素と呼ばれる強力な抗酸化物質が分泌されます。

しかしこれは諸刃の剣で、活性酸素自体もまた、お肌にダメージを与えてしまう存在なのですが、この活性酸素から身を守るべくさらに体内で分泌されるものが、シミの原因となるメラニン色素なのです。

ビタミンCは、それ単体で抗酸化作用を持つため、必然的に活性酸素の分泌を抑制する手助けをしてくれます。

ビタミンCはすぐに体外に排出されてしまうために、毎日継続して摂取する必要があります。

そして、夜22時〜翌2時までの時間は睡眠を摂るようにしましょう。

上記の時間帯に睡眠をとることで、身体を修復するホルモンが分泌され、ターンオーバーも活発に行われます。

妊娠中は特にホルモンバランスが乱れており、ターンオーバーの周期も連動して乱れがちになってしまいます。

このため、妊娠中のシミがターンオーバーで剥がれ落としきることができずに、産後もシミとして沈着してしまう可能性もあるのです。

できうる限り、夜は早めに眠るように心がけましょう。

妊娠の期間を通して、女性の身体には目まぐるしいほどの変化があり、それにつれてメンタルの面でも大きな変化が毎日襲ってきます。

苦しい妊娠期間を乗り越えて、子育てに奔走される中、ふと、鏡に映った自分の姿に、子供を宿す前とはくらべものにならない「老い」の徴を見つけてしまった・・・。

そんな悲しいことにならないよう、妊娠中からできるかぎりケアを怠らないように邁進していきましょう。

◆いろいろ注意しても妊娠中のシミが気になるときは、ビタブリッドCフェイスを使うといいです。

美白やシワサポートで人気なのが、新型ビタミンCのビタブリッドCフェイスです。
ビタブリッドCフェイスは、妊娠中も使える?
手持ちの化粧水やクリームに混ぜるだけで肌から新鮮なビタミンCを補給できる画期的なアイテムなのです。

私も実際に使っていますが、くすまなくなって透明感が出ていますしハリもでてお肌の調子が良いので気に入っています。

12時間作用が持続するのが特徴です。

アトピーなど敏感肌でも妊娠中や授乳中でも安心なお肌に優しい美白ケアやシワケアには、ビタブリッドCフェイスがぴったりです。
お得な↓ビタブリッドCフェイス公式サイト

us