妊娠中の紫外線対策!シミやそばかすを増やさない予防法

妊婦さんは、妊娠していない時に比べ様々なことに気をつける必要があります。

体調管理はもちろんのこと、体重や食べ物、運動など様々な制限があり、日々気を使って過ごさなければなりません。

そのなかでも、夏に妊娠しているという妊婦さんは、基礎体温も上がっているなかお腹も大きくなってきて、大変ですよね。

さらに、夏の妊婦さんは日焼けにもじゅうぶん注意しなければいけません。

妊婦は日焼けしやすい!

普段から、女性の多くはUV対策をされていることだと思います。

しかし、妊婦さんはホルモンバランスの関係から妊娠していない時に比べてはるかに日焼けしやすくなってしまうのです。

普通におでかけするだけでも一苦労ですが、日焼け対策も万全に行わなければなりません。

また、日焼けしてしまうとその分体力が奪われてしまいます。

体力が低下しがちな妊婦さんには辛い現象ですよね。

日焼けが与える影響は?

では、日焼けしてしまうと産まれてくる赤ちゃんも黒くなってしまうのかという心配を持つ人もいるかもしれません。

日焼けは、胎児には何の影響もありません。

しかし、母体は敏感になっていますので胎児に影響がなくても母体は大きなダメージをうけてしまいます。

シミやそばかすができやすくなってしまい、肌荒れにもつながります。

また、これまでアレルギー症状が出なかった方でも日焼けによって皮膚がただれたりしてしまう可能性があるようです。

日焼け対策をばっちりと!

妊婦さんは、お薬に制限があるイメージがありますよね。

では、日焼け止めなどの塗布するタイプの薬剤はどうなのでしょうか。

厳密に言うと、オーガニックのものなどのほうが産後も赤ちゃんと一緒につかえて便利ですが、妊娠中は従来のものを使用してかまいません。

日焼け止めは必ず塗りましょう。

もちろんお腹に塗っても胎児には何の影響もありません。

ただ、皮膚が敏感になってしまっている場合は、従来の日焼け止めが合わなくなっている可能性がありますので、もしそうであればただちに弱いものに変更しましょう。

また、日焼け止めだけでは不安なので、帽子やアームカバー、日傘などを併用できるといいですね。

出来る限りこまめに日焼け止めを塗り直し、日焼けした後のアフターケアも忘れないようにしましょう。

普段の化粧水などに加えて念入りに保湿し、ビタミン類の摂取も忘れないようにしてくださいね。

妊娠中はシミやそばかすが出来やすいうえに、産後まで忙しくなかなか肌ケアに時間をかけてあげることができません。

ですので、まず、シミやそばかすに対してしっかり日焼け対策をして日々出かけるようにしましょう!

◆アトピー肌や敏感肌でも安心して使える!と人気のオーガニックな日焼け止めが、hanaオーガニックUVミルクのウェアルーUVです。

クレンジング不要で石鹸で簡単に落とせるのも敏感肌には嬉しいです。

その上お肌を明るく見せてくれるのでファンデーションも不要と口コミ評価も高いです。
HANAオーガニックUVミルクの口コミと効果

私も使っていますが自然なバラの香りも癒されますしBBクリームみたいに使えるのも気に入っています。

お肌に優しくしっかりUVケアしてくれる日焼け止めを使いたい方はhanaオーガニックUVミルクを試してみてください。

公式サイト↓


◆妊娠中や授乳中でも安心して使えてそばかすやシミを薄くするフレキュレルを使うのも効果的です。

低刺激で無添加の薬用美白クリームなので、敏感になった妊娠中や授乳中の肌でも大丈夫なのです。

洗顔後に塗るだけオールインワンなのも使いやすいです。

寝る前と朝は、メイク前や日焼け止めを使う前に塗るといいですよ。

公式サイト↓
種類2

uGs