妊娠中のニキビや肌荒れを改善するコツは?

妊娠中は普段に比べ、様々なマイナートラブルが起こってしまいがちです。

そのなかでも、妊娠初期にはよく肌トラブルが見られます。

悪阻や妊娠の不安だけでなく、ニキビや肌荒れにも悩んでしまうなんて辛いですよね。

今回は、妊娠中にできるニキビや肌荒れの改善方法をご紹介します。

なぜ肌荒れや大人ニキビができるの?

妊娠するまで、肌トラブルとは無縁だった人でも妊娠を機に肌トラブルが起こってしまうこともあります。

身体のメカニズムで、女性ホルモンの乱れが関係していると言えます。

また、便秘によって内臓関係の働きが低くなってしまったり、睡眠不足になってしまったり、といった原因も考えられます。

運動不足や栄養バランスの乱れも肌トラブルを引き起こしますし、理由は様々考えられます。

さらに、妊娠中は普段よりストレスを感じてしまうものなので、ニキビができたあと普段よりもう気になってしまうのです。

そうなってくるとニキビ痕も残りやすくなってしまい、できるだけ改善や予防をしなければいけないですよね。

改善する方法は?

では、肌荒れや大人ニキビの改善はどのようなものがあるのでしょうか。

妊娠中ですので、自己判断で強い薬を使うわけにもいきませんよね。

実際、皮膚科でもらえる薬や市販のほとんどの塗り薬は使用できるのですが、ステロイド系のものは妊婦さんは使用してはいけないとされています。

そういった観点からも、もしお薬に頼るようであれば皮膚科を受診することが必要になります。

専門医に頼らずにセルフケアをする方法は、いくつかあります。

栄養バランスを見直す!

妊娠初期はつわりがひどく、食生活が乱れてしまうことも多いですよね。

そんなときは意識してビタミン類を取るようにしましょう。

フルーツや野菜なら食べられるという声もよく聞きますので、ビタミンの多いものを摂るといいですね。

また、サプリなどでしっかりとビタミンを補給しましょう。

栄養が不足していては、肌がいつまでも荒れたままになってしまいます。

化粧品を見直そう!

また、肌に化粧品がダメージを与えているという可能性も考えられます。

妊娠中デリケートに変化してしまった肌に、従来の化粧品が負担になってしまうことはよくあることです。

長い目で見れば、出産したら赤ちゃんと触れ合うことになります。

その際に、強い化粧品を使っていれば赤ちゃんのデリケートな肌にダメージを与えてしまうことにもなりかねません。

妊娠中から優しい化粧品にシフトチェンジしていくのもいいでしょう。

妊娠中は、肌荒れやニキビ以外にも様々なトラブルが現れます。

そのどれもが、時間とともに落ち着いてくるものではあります。

ですのであまりストレスに感じず、できてしまったニキビなども触ったりせずに向き合ってあげましょう。

妊娠中、綺麗なママに憧れる気持ちは分かりますが、無理はしないでがんばりましょう!

◆いろいろ注意しているのに年中ニキビに困っている・・と悩むときは、メルラインを使ってみてください。

保湿しながら炎症を抑えるサポートや毛穴ケアにもなりニキビケア!と人気のオールインワンジェルだからです。

洗顔後にメルラインのみつければいいので、お手入れも簡単です。
メルラインは、妊娠中や授乳中も使える?

私も使ってみたら、赤いニキビが3日で見えなくなりました。

ニキビだけでなく乾燥肌やたるんだ肌ケアにもよくハリと潤いもアップとメルラインの口コミ評価が高いのもおすすめの理由です。
公式サイト↓
口周り

u