妊娠中に猫の病気が移りやすい噂は本当でしょうか?

今回は、スキンケアの話ではないのですが、気になるニュースだったので原因と対策についても調べてみました。

私は子どもの頃からネコが大好きです。

小さい頃からネコに囲まれて育った私は結婚して実家を出てからもネコを飼いたいと思っていました。

しかし妊娠中にネコの病気に感染すると大変なことになるという話を聞いたことがあり、結婚して実家を出てからネコを飼うことは、しばらくおあずけ状態となりました。

将来的に育児がひと段落したら飼いたいなあと思っています。

でも、この噂は本当なのでしょうか。

詳しく調べてみると、結論としてネコから人に感染する病気はあるものの、それが妊娠中に限定されるという根拠はないようです。

ネコから感染する病気で特に気を付けないとならないものは「トキソプラズマ症」です。

リンパ節が腫れたり発熱等が現れます。

ただし、感染したからと言って、それがお腹の赤ちゃんに影響したという例はほとんどありません。

そもそもネコがトキソプラズマ症に感染するのは、他のネコの糞便を介したり、感染した生肉を食べたりした場合です。

他のネコと接触しない室内で飼っているネコでしたら、感染の心配はないと考えられます。

そうは言うものの、万が一ということもあるので、妊娠中も、そうでない時もネコの病気が感染することについては気を付けた方が良いことは確かです。

では感染しないために注意するべきことはあるのでしょうか。

それはネコの糞の取り扱いです。

ネコのトイレは毎日まめに掃除をして感染能力のあるもの、糞便には触れないようにしましょう。

ネコ自身が感染していても、見た目では変化がないのでわかりません。

軽い下痢をすることはありますが、これがハッキリとはわかりませんので、もし下痢が続くかなと言う場合は特に注意してくださいね。

ネコのトイレの掃除をした後は、石鹸でしっかり手や手首を洗ってください。

殺菌が大切です。

また生肉は食べないこと、十分加熱しましょう。

もし野良猫が庭に糞をした場合、そこから感染することは考えられます。

感染した土壌は1年間くらい感染能力を維持することもあります。

その場合、手袋をすることと手洗いをすることで感染予防をしてください。

心配な場合は、妊娠中は家庭菜園等、庭の土を触ることもしない方が安心です。

トキソプラズマ症は、室内で飼っているネコの場合、あまり心配する必要はありません。

それでも心配な場合は、ネコも人もトキソプラズマの抗体があるか調べることができるので、それで安心できるのでしたら検査を受けると良いですね。

衛生面に気を付けることで妊娠中だからと言ってネコと接触してはいけないということはないので、大丈夫です。

*猫関連記事
猫の健康維持方法が知りたい!元気で長生きするコツは?