リリーホワイト(LillyWhite)は妊娠中・授乳中でも歯のホワイトニングに使える?

自宅で気軽にホワイトニングと予防歯科を行うことができると評判なのが「リリーホワイト」です。

リリーホワイトは、歯を白く健康に保つために、虫歯予防や口臭予防はもちろん、歯茎の健康や歯周病・歯肉炎の炎症を引き起こさない口腔環境を作り、さらに白く輝く歯に導くホワイトニング効果を実現しています。

日本ではあまりなじみのない予防歯科ですが、スウェーデンでは普及率が90%を超えています。

その結果、歯が生えていない0歳児にも歯ブラシの習慣を身に付けることで子供の虫歯が日本の10分の1以下に削減されました。

さらに、予防歯科を行うことにより、歯の黄ばみや口臭予防にも高い効果をもたらします。

そんな北欧スウェーデンの予防歯科をヒントに開発されているのが、リリーホワイトです。

では、リリーホワイトは妊娠中や授乳中の女性でも安全にホワイトニングとして使うことができるのでしょうか。

配合されている成分を確認してみたところ、

・イソプロピルメチルフェノール
・ビタミンE酢酸エステル
・グリチルリチン酸ジカリウム
・ポリリン酸ナトリウム

このような成分が配合されていました。

まずイソプロピルメチルフェノールは、歯周病菌を予防するのに優れた効果を発揮する成分で、虫歯の予防や口臭に対しても効果的です。

続いて、ビタミンE酢酸エステルは、正しい歯磨きと並行して使うことにより相乗効果で、血流面で歯茎の健康をサポートします。
口臭や黄ばみの根源の抑制を促す効果も期待できます。

そして次にグリチルリチン酸ジカリウムです。

この成分は歯茎のトラブルそのものを抑えて予防してくれる効果があり、歯磨き粉などにも配合されている成分です。

最後が、ポリリン酸ナトリウムですが、歯や歯茎の健康を促進したところで、着色汚れを落とし、さらに歯の表面をコーティングしてくれます。

つまりこれらの成分はすべて、口腔環境を向上してくれる成分となっており、体に害をもたらすような成分ではないため、妊娠中の女性や授乳中の女性であっても安心して取り入れることが可能です。

特に妊娠中は虫歯になりやすいと言われています。

その理由は食生活の変化であったり、つわりなどによる影響から通常よりも虫歯を引き起こしやすい国環境になってしまうからです。

このようなことを考えても妊娠中に、リリーホワイトを取り入れることはオススメですが、つわりが悪化していて受けつけない時は、無理して使わないようにしてください。

リリーホワイトは、継続して続けていくことにより効果を実感しやすくなります。

そのため、これから購入を検討されている方はお得に購入することができる公式サイトの定期コースを活用してくださいね。
LillyWhite(リリーホワイト)の口コミ効果!他の歯のホワイトニングとの違いは?

定期コースを活用すると通常価格から、ずっと33%オフの格安価格で購入することができますよ!

さらに回数制限がないため、1回だけでも解約することが可能です。

ぜひ公式サイトをチェックしてみてくださいね。
公式サイト↓
LillyWhite(リリーホワイト)

us