授乳中や妊娠中でも安心して使える化粧品の選び方は?

授乳中や妊娠中はホルモンバランスの影響でお肌の状態が悪くなります。

水分を保持するのも低下し、乾燥したり、お肌が荒れやすくなります。

授乳中、妊娠中の赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性がある化粧品などもあるので、注意が必要です。

パラベンは防腐剤としてスキンケア用品に含まれている物が多いのですが、妊娠中は特に気を付けなくてはならなくて、女性ホルモンのエストロゲンと近い作用があるとされていて、胎児に悪影響を与えてしまいます。

また、化粧品の香り成分として含まれるローズ、ローズマリー、オレガノ、ベニバナ、ペニーロイヤルミントは子宮を収縮させてしまい、流産のリスクがあるので、香りにも気を付けましょう。

化粧品やピーリング剤に含まれているサリチル酸も高濃度に配合されているものは催奇形性があるので使用するのであれば、低い濃度の1~2%程度のものを選びましょう。

美白効果のある成分であるハイドロキノンも注意が必要で、お肌が敏感な授乳中や妊娠中に使用すると、塗った部分だけが白斑になってしまう可能性があります。

3%以上の高濃度のものは避けましょう。

レチノール、トレチノイン、レチナールなどのビタミンAの成分を含むものは皮膚を正常に保つ働きがあるのですが、つけ過ぎてしまうと、胎児の催奇形になる可能性を高めてしまいます。

フェノキシエタノールもパラベンよりも危険性が低い防腐剤ですが、殺菌力が強いので授乳中と妊娠中は強すぎて肌を傷つけてしまいます。

配合されていないものか、1%以内のものを選ぶようにしましょう。

化粧品を塗った肌に赤ちゃんが触ってしまい、舐めてしまう事も考慮しなくてはなりません。

無香料、無着色のものを選ぶようにしましょう。

また、無添加の物を選ぶと万が一舐めてしまっても安心です。

授乳中や妊娠中は今まで使っていた化粧品が合わなくなる可能性がありますので、トライアルセットなどでまずはお試しして自分に合ったものを使うと良いかと思います。

私がおすすめするトライアルセットをご紹介します。

ライースリリペアトライアルセット」です。

医学部外品の承認を受けたライスパワーNo.11が配合されており、日本で初めて皮膚水分保持能を改善できる薬用の化粧品なのです。

ライスパワーNo.11は皮膚水分保持能の改善を認可された唯一の有効成分なので、しっかりと保湿され、肌荒れを防ぎます。

メディアでも多数紹介されていますし、お米から作られているので信頼と安心ができます。

無香料なのが良かったです。

なおアルコールが含まれますが少量なので大丈夫だとはおもいます。

アトピーで大人にきびができやすい敏感肌のわたしでも大丈夫でした。
ライースリペアトライアルセットの評価レビュー!口コミ効果で噂の「シワ・くすみ年齢肌ケア」は、本当?

しかし、妊娠中や授乳中の敏感になっている肌に合うかどうか試さないとわかりませんね。

ですから、まずはライースリリペアのトライアルセットでお試ししてみてください。

⇩⇩お得になる公式サイトはこちら!


【ライースリペアトライアルキット】

us