あんずやハトムギは妊娠中のイボ改善にも使って大丈夫?

妊娠中は思いがけない肌変化を起こします。

今までできたことのないニキビを発生させたり、いきなりイボが出来てしまうなど、女性ホルモンのバランスが変化することにより今まででは考えられなかったような症状が起こることも少なくありません。

今日はそんな妊娠中の肌変化の1つ「イボ」に着目してお話ししていきたいと思います。

そもそも私たちはなんでもかんでもできものをイボと呼びますが、イボにもいくつかの種類があります。

そして妊娠中にできやすい代表的なイボの1つが角質粒です。

角質粒とは、古くなった角質が小さくなって固まったものを指しており、肌再生であるターンオーバーが正常に行われなくなると発生しやすいと言われます。

妊娠中はホルモンバランスの変化より肌再生が正常に行われなくなることも多く、これが原因で角質粒を発生させてしまいます。

角質粒は一度発生すると自分で無理矢理取ることができませんし、今まで通りのスキンケアでは改善するのが難しいのが現状です。

そこでご紹介したいのが、古来からいぼ取りに効果が高いと言われている、杏エキスとハトムギエキスです。

この2つの成分は角質粒にも高い効果を発揮してくれます。
しかし、妊娠中に杏エキスとハトムギエキスを使っても良いか分からないですよね。

そんなときにお勧めなのが艶つや習慣です。

艶つや習慣には、杏エキスとハトムギエキスがバランスよく配合されており、妊娠中の女性はもちろん小さなお子さんでも安心して使えるように開発されています。
艶つや習慣は、妊娠中や授乳中も使える?
使い続けているといつの間にかイボが取れると高い人気を集めている商品なので、ぜひ妊娠中の気になるイボにもお試しください。

公式サイト↓
艶つや習慣

u