HQLスムージングマッサージクリームは妊娠中・授乳中の敏感になった肌でも使える?

夜眠ろうとすると脚がむずむずし始める。

虫が這うような感覚がする。

かゆみのような感じがするけれど、表面的なかゆみではない。

このような症状が起こることを、むずむず脚症候群といいます。

近年、20?50人に一人が発症するといわれており、いつあなたもむずむず脚症候群にかかるかわかりません。

とくに女性では40歳以降に増え、妊娠をきっかけになる人も少なくありません。

むずむず脚症候群は就寝時に起こることが多く、睡眠の妨げともなることから、不眠症やうつにも繋がる病気です。

そこで今回は、むずむず脚症候群を解消してくれる「HQLスムージングマッサージクリーム」が本当にむずむず脚の解消につながるのか?

また、デリケートに傾きがちな妊婦さん・授乳中のママでも使えるのかをご説明したいと思います。

むずむず脚症候群はの原因は未だ特定されていませんが、大まかに以下の4つが原因ではないかと指摘されています。

1.遺伝

2.神経

3.別の病気に由来

4.鉄分不足

まず、1ですが、むずむず脚を発症する方は同じ家系に同様の症状が見られることが少なくないそうで、遺伝的な要因が疑われています。

次に、2の神経は、脳内で分泌されるドーパミン不足により運動や機能をつかさどる神経に異常が起きることで脚の不快な感覚を得るともいわれています。

そして3のように、パーキンソン病や抗鬱剤の服用、薬剤による作用などによって起こる可能性も考えられます。

最後に4の鉄分不足ですが、鉄分が不足することにより、鉄分にはさきほどもふれたドーパミンをつくる働きがあるため、不足することでむずむず脚を引き起こします。

とくに妊娠中・授乳中は赤ちゃんへの栄養供給のため母体の鉄分は不足しがちです。

そのため、妊娠をきっかけに脚がむずむずするようになって眠れなくなったという方は少なくないといいます。

HQLスムージングマッサージクリームは、そんなつらいむずむず脚症候群を改善するクリームです。

内側や神経に由来するむずむずが表面に塗るクリームで改善するのかと疑問に思われるかもしれません。

しかし、HQLスムージングマッサージクリームには、スーっとした清涼感でかゆみ止めなどにも使用され、馴染み深いメントールと、心をリラックスさせる効果のあるラベンダーを配合。

肌が実際に感じるかゆみの治りとともに、神経を穏やかにしてくれる効果が一緒に得られるクリームなのです。

さらに、ドーパミンを生成するために必要なビタミンC、ビタミンB6、葉酸、ナイアシン、カルシウムといったアミノ酸に加え、鉄分を含んでいるのです。

これらのむずむず解消成分を、体に吸収されやすいように10億分の1というナノ化することで、体にきちんと浸透させることができます。

妊娠中・授乳中の方は、体内の赤ちゃんへの影響や、赤ちゃんに触れてしまうこと、また、ホルモンバランスの変化による敏感肌のことが心配かと思います。

HQLスムージングマッサージクリームは、いっさい不要な添加物を使用せず、保存料や着色料も使っていないため、敏感な時期のお肌でも心配せずご使用いただけます。

妊娠中は体だけでなく、心にも大きな波がやってきますが、HQLスムージングマッサージクリームにはアロマ成分も含まれていますので、心のリラックスにもつながります。

出産後は赤ちゃんから目を離せず、ただでさえ睡眠不足に陥りがちですね。

加えてむずむず脚で悩まれていたら、一体いつ体は休むことができるのでしょうか。

辛い不快な脚の症状によって貴重な睡眠の時間まで奪われないよう、HQLスムージングマッサージクリームでケアしてみてはいかがでしょうか。

口コミもどうぞ。
HQLスムージングマッサージクリームの本音の口コミ!むずむず脚症候群に人気な理由

us