gg(ジージー)は妊娠中・授乳中の敏感な肌でも使える?

私は今までに2回出産を経験していますが、どちらも妊娠中に今まで感じたことのないような肌荒れを実感してきました。

もともと敏感肌でアトピー体質なのですが、小さい頃からの治療の成果もあり、大人になってからはそこまで気になるような症状が現れる事はありませんでした。

しかし妊娠中はアトピー性皮膚炎の悪化だけでなく、今まで起きたこともないようなニキビが大量発生したり、とにかくあらゆる肌荒れに悩まされました。

そんな敏感な時期になるので、この時期のスキンケアアイテムは何を使えば良いのか、とても困ったことを覚えています。

そしてこのような状況に悩まされているのは過去の私だけではありません。

今現在妊娠中や授乳中で肌状態が敏感になっている女性はとても多いのではないでしょうか。

そんな敏感な女性の肌にも、口コミで人気を集めているアンチエイジング効果が高い基礎化粧品「gg」は、問題なく使うことができるのでしょうか。

江崎グリコ スキンケア化粧品gg(ジージー)

そもそもggは、食品メーカーグリコから開発されています。

食品メーカーならではの発想で、体内で不足していくグリコーゲンに着目し、化粧品に適した世界初のナノ化・均一形状のグリコーゲンを開発して取り入れています。

グリコーゲンが補給されることで、自発保水効果を得ることができるため、妊娠中や授乳中の敏感肌でも問題なく使うことが可能です。
gg(ジージー)の口コミ!エイジングケアは本当?
さらに肌内部から水分量が増えることで肌状態が安定してくるため、デリケートな時期のスキンケアにもぜひお試しください!

公式サイト↓
gg(ジージー)

uG