エナリーホワイティアラは妊娠中・授乳中の敏感になった肌でも使える?

妊娠すると体にはたくさんの変化が起こります。

それまで好きだったものが食べられなくなったり、イライラしたり、食欲が落ちたり増したり…。

そしてお肌もそうした変化にともなって、敏感になります。

それでも、お仕事を続ける妊婦さんや、出かける機会も何かと多い妊娠・授乳期。

いつだってお肌の状態は良いに越したことはありません。

しかし、妊娠・授乳中の敏感になっているお肌には、合うものと合わないものが出てくるのも事実です。

そこで、今回は妊娠・授乳中の方でも安心してお使いいただけて、かつ効果がとっても高いと噂の化粧下地をご紹介します。

妊娠中にお肌の調子が一定しないのは、ホルモンバランスが大きく変化することが原因だと言われています。

妊娠すると、エストロゲンやプロゲステロンが急上昇し、出産をピークに今度は急降下します。

エストロゲンは、子宮や胸を大きくしたり、保水などの働きがあります。
一方、プロゲステロンは、体温を上昇させたり、内臓の筋肉の緊張を抑えたりします。

妊娠中にむくみやすくなったり、しみができるのは、こうしたホルモンの保水や色素沈着を起こす作用によるものです。

このように女性ホルモンは上昇するのですが、男性ホルモンの量が減っていくため、皮脂の量が減り、元の体質によっては、乾燥がひどくなることもあります。

乾燥にシミなど妊娠・授乳中に起こる肌悩みを解決してくれるのが、「ホワイティアラ」というメイク下地です。

下地でありながら、スキンケア発想から誕生した商品なので、付けているだけでお肌に嬉しいことが起こります。

以下に主な効果を挙げてみます。

効果その1:美白

効果その2:保湿

効果その3:紫外線カット

効果その4:メイクがくずれない

効果その5:肌の悩みをしっかりカバー

ホワイティアラの中には、お肌の酸化を防ぎ、肌を白く保つL-アスコルビン酸2-グルコシドや、保護成分であるグリチルリチン酸ステアリルを配合。

また、1年を通して降り注ぐ紫外線をブロックしてくれるSPF22PA++です。

そして、スキンケア成分はもちろんのこと、下地としての効果も抜群なのです。

シミやシワを瞬時にカバーするソフトフォーカス効果があり、お肌の凸凹もしっかりカバーしてくれます。

しかし、厚塗りにはならず、薄付きで実現できるのです。

さらに、こんなに嬉しい効果がありながら、無香料、パラベンフリー、石油系鉱油物不使用、有機色素不使用、紫外線吸収剤不使用、ノンアルコールというとても低刺激な処方です。

これだけ不純なものを使わない商品なら、妊娠中・授乳中の不安定なお肌でも安心してお使いいただけます。

スキンケアやUVカット、ベースメイクが1本で済み、子どもから目が離せない忙しい育児ママにとっても強い味方のホワイティアラ。

是非、きれいなママ目指して使ってみてくださいね。
エナリーホワイティアラの口コミと効果は本当?

us